ニュースリリース

一覧に戻る

2018/5/31 SoftBank Innovation Programにてテストマーケティング開始決定

自然言語処理を活用しコールセンター業務の変革を支援する株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内謙、以下ソフトバンク)と共同で、AI技術によるコールセンター業務支援の実用化検討に取り組みます。

今回、ソフトバンクが主催する「第3回 SoftBank Innovation Program」(※1)のテーマの一つである「AI as a Service」で、当社の保有するAI技術が選考されたことから、ソフトバンクとのテストマーケティングを実施する運びとなりました。

本取組では、レトリバは自社が開発するAI技術を活用したコールセンター業務支援ソリューションのテストマーケティングを行います。

本取組を通じてレトリバでは、より多くのお客様の業務改革に貢献できるよう革新的な技術開発を進めてまいります。

■株式会社レトリバについて
所在地 :東京都千代田区富士見一丁目12番1号
代表者 :代表取締役 河原 一哉
設立  :2016年8月
資本金 :84,995,040円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

(※1)ソフトバンクが革新的なソリューションや技術を世界から幅広く募集し、共同で商用化を検討・実現するプログラム
SoftBank Innovation Program公式サイト:https://www.softbank.jp/biz/innovation/

問い合わせ先
株式会社レトリバ
担当: 億田
E-mail: pr@retrieva.jp

一覧に戻る