ニュースリリース

一覧に戻る

2018/7/11 NEDOがAIシステム共同開発支援事業にて、当社の提案を採択

この度、株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)の提案する「コールセンター向け統合AIシステム開発」が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)が公募するAIシステム共同開発支援事業の研究テーマとして採択されました。

本公募は、事業会社と連携してAIシステム開発及びビジネス化を行う先端的なAI技術を保有するベンチャー企業に対し、その開発費用の一部を助成することにより、ベンチャー企業の潜在力が十分に発揮出来る形で、AI技術開発を促進し、グローバル展開を見据えたデータ連携・共同事業を加速するものです。

本公募の詳細ならびに採択結果については下記URLをご参照下さい。
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100993.html

本提案を通じてレトリバはコールセンターにおけるワンストップソリューションの構築を目指します。現在、コールセンターでは種々のAIソリューションが活用されつつありますが、技術領域が多岐に渡ることから、全体をカバーするソリューションの提供が出来ておりません。レトリバは自然言語処理、機械学習の領域で広汎な技術を保有することから、これら全ての機能が連携した唯一のワンストップソリューションを構築し提供を行います。

■株式会社レトリバについて
所在地 :東京都千代田区富士見一丁目12番1号
代表者 :代表取締役 河原 一哉
設立  :2016年8月
資本金 :84,995,040円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

問い合わせ先
株式会社レトリバ
担当: 億田、岸本
E-mail: pr@retrieva.jp

一覧に戻る