ニュースリリース

一覧に戻る

2018/8/2 レトリバとエル・ティー・エス、AI活用アセスメントサービスで協業

~大手金融機関のコールセンターでAI活用ロードマップ作成を支援~

株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 河原一哉、以下レトリバ)は、株式会社エル・ティー・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:樺島 弘明、以下LTS)と2018年5月に協業を開始したことをお知らせします。

レトリバは従来、AIソリューション(自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェア製品群)導入前に、
・お客様の業務課題を機械学習の問題設定に落とし込めるか
・お客様が保有するデータに対して最適な結果が得られるか
・結果を反映させることによる業務改善効果が見込めるか
などの導入効果の測定を目的としたデータアセスメントを実施しています。

このたび、コールセンター向け業務アセスメント・改善のコンサルティング支援に豊富な実績を有するLTSと協業し、大手金融機関のコールセンターを対象に、
・お客様のコールセンターの業務課題の抽出、特定
・AIソリューション導入によって解決できる業務課題の切り分け
・AIソリューション導入における費用対効果の試算
などの取組を通じてコールセンター全体最適の視点からAI活用範囲を広げ、費用対効果と導入難易度を考慮したAI活用ロードマップの作成支援を実施しました。

今回構築した枠組みを、あらゆる業種のコールセンターにも適応できるようテンプレート化することで、コールセンターでのAI活用の範囲を広げるアセスメントサービスを、短期間且つ低価格で提供することが可能になります。

レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」ミッションのもと、お客様にとって効果的なAIソリューション導入を支援できるようサービスの拡充を目指しています。

【株式会社エル・ティー・エスについて】
「お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで戦略の実行にコミットする」をサービスポリシーとし、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する企業です。ビジネスプロセスマネジメントと先端テクノロジーへの知見を通じて、自律・継続性を踏まえた実効性のある変革支援サービスを提供しています。
東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:6560)
<会社概要>
代表者: 代表取締役社長 樺島 弘明
設立: 2002年3月
資本金: 440,710,600円(2017年12月31日時点)
所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル3階
URL:https://lt-s.jp/
事業内容:プロフェッショナルサービスの提供(コンサルティング、ビジネスプロセスマネジメント、デジタル活用サービス)、ITプラットフォーム「アサインナビ」の運営(ITビジネスコミュニティ、採用・人材育成、M&A支援、メディア運営)

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」をミッションとし、数多くのソフトウェアを提供しております。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供しています。
<会社概要>
代表者: 代表取締役 河原 一哉
設立: 2016年8月
資本金:84,995,040円
所在地: 〒102-0071東京都千代田区富士見一丁目12番1号 Q-DAN 1991ビル 4階
URL:https://retrieva.jp/
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート

問い合わせ先
株式会社レトリバ
担当: 山川
E-mail: pr@retrieva.jp

一覧に戻る