2019-01-31

オペレーター支援ソリューション「Talk Coordinator Ver1.1.1」、回答支援ソリューション「Answer Finder Ver2.0.0」を同時リリース


~デザイン刷新、FAQに対するフィードバック機能や自動質問判定機能を強化~

株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原一哉)は、当社製品群をシームレスに接続したオペレーター支援ソリューション「Talk Coordinator」 に新たな機能を追加し、Ver1.1.0として本日リリースしました。

同時にTalk Coordinatorと連携する、回答支援ソリューション「Answer Finder」のVer2.0.0をリリースしました。

▼「Talk Coordinator」 についての詳細はこちら
https://retrieva.jp/products/

Talk Coordinatorは、通話中から後処理までEnd to Endで支援することで、オペレーターの課題をトータルに解決いたします。
音声認識システムと連携することで、発話からリアルタイムに質問を自動判定し、蓄積されたナレッジから質問と類似のナレッジを回答候補として提示することができます。
また、終話後には、対話全文からコールリーズンを自動判定し、重要なやりとりを自動抽出されることから、効率的に後処理(ACW ; After Call Work)を実施することができます。

■「Talk Coordinator Ver1.1.1」新バージョンの特徴

(1)デザインを刷新
何をキーにしてAIが判定を出したか分かるようキーワードがハイライトされるようになりました。また、余白の少ない画面になり、さらに見やすくなりました。
Talk Coordinator: デザイン刷新

(2)フィードバック連携機能を追加
発話検索、検索結果に対するいいね等のフィードバックを回答支援/質問自動判定/コールリーズン判定/重要なやり取りの自動判定の学習データとして活用し、運用状況による最適化を実現できるようになりました。

(3)自動質問判定機能の強化
フィルター条件機能を追加し、自動質問判定機能がより便利になりました。

また、Answer Finderは蓄積されたナレッジ(FAQ、回答履歴、マニュアル)から類似したナレッジを検索するFAQ検索ソリューションです。
単にキーワードで検索するのではなく自然言語処理を用い、お客様からの質問文をそのまま入力することで関連するナレッジを回答候補として提示する事が出来ます。
また、機械学習を用いた学習機能を搭載しオペレーターからのフィードバックを学習することで回答精度を高める事が可能です。

■「Answer Finder Ver2.0.0」新バージョンの特徴
(1)デザインを刷新
UIの全面見直しを行い、より使いやすい画面導線に改善されました。
デザインを刷新

(2)設定項目を追加
設定項目が増えたことから、よりチューニングがしやすくなりました。
設定項目を追加

これらの特徴により、応対時間の短縮によるセンター稼働率の向上や、オペレーターの教育コスト削減が見込めます。

今後もお客さま企業のさらなる顧客満足度向上・収益拡大に貢献していきます。

会社情報

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」をミッションとし、数多くのソフトウェアを提供しております。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供しております。
所 在 地:東京都千代田区富士見 1-12-1 Q-DAN 1991ビル 4階
代 表 者:代表取締役 河原 一哉
資 本 金:84,995,040円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

問い合わせ先
株式会社レトリバ
担当: 営業技術部 市原
E-mail: pr@retrieva.jp