2021-06-29

開催終了:【Webinar開催のお知らせ】マツリカ × レトリバ共催セミナー 「商談化率をUPするインサイドセールスの『データ戦略』」


株式会社レトリバは、7月15日16:00~16:55にウェビナー「 商談化率をUPする インサイドセールスの『データ戦略』」を株式会社マツリカと共同開催いたします。

データに基づく営業戦略の立案や実行、できていますか?

昨今、顧客情報や営業活動のデータを蓄積しプロセスを可視化する為のツールとして、SFA(営業支援ツール)の導入を推進する企業からのご相談を多くいただきます。

しかし、SFAを導入し、データを蓄積しただけでは売上向上には繋がりません。データを分析し、これまで見逃していた「営業活動の課題」を見つけることが重要です。

そこで当セミナー前半では、成果を⾃動的に最⼤化する、クラウド營業⽀援ツール「Senses」を運営する株式会社マツリカから、インサイドセールスに焦点をあて、優先すべきリードの見極めや、アプローチ方法の勝ちパターンを見出すための、データ活用方法をご紹介いたします

また、後半では、大量のテキスト情報を話題化・定量化する分析AI「YOSHINA」の開発・運営をしているレトリバから、実際にSFAに蓄積された商談結果を「YOSHINA」で分析した事例をご紹介します。

セミナー参加をご希望の方は、下記URLよりお申込みをお願いいたします。
https://product-senses.mazrica.com/seminar/20210715

開催概要
◆テーマ:商談化率をUPする インサイドセールスの『データ戦略』
◆日時:2021年7月15日(木) 16:00~16:55
◆形式:無料Webセミナー(開催前日までに、Zoom URLをお送りいたします)
◆利用ツール:Zoom(Zoomアプリをダウンロードしなくても、ブラウザよりご参加できます)
◆タイムテーブル:
16:00~16:03 開始・事務局からのご案内
16:05~16:25 講演①「営業データ分析で今あるリストから商談を産む」株式会社マツリカ
16:25~16:45 講演②「Sensesに登録された商談結果をAIに分析させてみた~レトリバの商談結果分析事例~」株式会社レトリバ
16:45~16:55 Q&A
◆講師紹介:
株式会社マツリカ
営業部 インサイドセールスセクション
データ・アナリスト
井上 久美子氏

理工系大学院修了後、工業資材メーカーに入社。R&D部門にて新規事業開発に携わる。
在職中に大阪大学にて博士課程(工学)修了。2013年から外資系メーカーにて自動計測システムのサポートとSFAを活用したインサイドセールスを経験。
2019年株式会社マツリカに入社。インサイドセールスとフィールドセールスを経て、現在はレベニュー組織のデータ・アナリストとして、リードジェネレーションからナーチャリング、成約までをSFAデータに基づき分析。営業フローの改善を担う。3児の母。

株式会社レトリバ
YOSHINA事業部
プロジェクトマネージャー
山川 訓司氏

前職のコンタクトセンター受託事業者では事業開発を担当。
コンタクトセンターに集まる対話データを利活用したソリューション開発でレトリバと協業。2017年8月にレトリバに参画。
プロジェクトマネージャーとして、AIソリューション選定から、導入計画策定、定着支援まで、クライアント企業に寄り添い、AIに関わる全ての人に「役に立った」「助かった」と感じてもらうことを志として活動。


◆注意事項:
・当日セミナー中の録音、撮影はご遠慮ください。
・弊社の事業と競合する企業様からのお申し込みは、お断りさせていただきます。
・講演内容は予告無く変更となる場合がございます。
・本セミナーは主催者により録画し、後日公開する可能性がございますので予めご了承ください。
<個人情報取り扱いについて>
・お申込みいただいた際の情報は、下記のプライバシーポリシーに則り、イベント参加申し込みを適切に受け付けて管理するため、また各社が提供するセミナー・サービスに関する情報を電子メール等で提供するために利用します。
・必ず以下の各社プライバシーポリシーに同意の上、お申込みください。
株式会社レトリバ https://retrieva.jp/privacy/
株式会社マツリカ https://mazrica.com/privacy-policy/