2019-08-19

レトリバとテレコメディア、コールセンター向けAIソリューションの販売パートナー契約を締結


株式会社レトリバ(本社:東京都新宿区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)は株式会社テレコメディア(本社:東京都豊島区、代表取締役社長(COO)橋本力哉、以下テレコメディア)とコールセンター向けAIソリューションの販売パートナー契約を締結致しました。

コールセンターへのAIソリューションの導入には、事前準備に時間と労力を割くため、導入に至らないことが多々あります。レトリバはコールセンター業務の運用実績が豊富なテレコメディアとパートナー契約を結ぶことで、これまでお客様の負担となっていた、AIソリューションの導入前のデータ整備、運用後の精度を向上させるチューニングを含めたご提案、ご支援が可能となりました。

<テレコメディアが提供するレトリバのソリューション>

【Talk Coordinator】
通話中の回答支援から通話後の後処理支援まで、コミュニケーションを支援するAIソリューションであり、オペレーターの課題をトータルに解決します。

【Answer Finder】
顧客の問い合わせに対し、FAQ等のナレッジから回答候補を検索するAIソリューションであり、オペレーター業務の効率・品質向上につながることが期待できます。

【Predictor】
顧客の問い合わせ情報の中から、顧客志向の製品やサービスの提供を行うための重要なデータを探し出し、テキスト文書を自動分類するAIソリューションであり、顧客の声からサービス改善、品質向上につながることが期待できます。

レトリバはコールセンターにおけるより多くの課題を解決するために、テレコメディアがこれまで培ってきたコールセンター業務の運用実績とレトリバが保有するAIソリューションの開発技術を融合し、より価値の高いサービスの提供を目指します。

<テレコメディアについて>

1981年に会社設立。電話秘書サービスを開始し、その後テレマーケティング事業をスタート。また、1999年に現本社所在地である高田馬場に大型コールセンターを開設。テレコメディアの強みは、創業以来一貫し「安心・安全」への取り組みです。個人情報を大量に取り扱うコールセンターだからこそ、“人材育成”・“セキュリティ強化”に日々努めてきております。また、中規模のコールセンターという利点を生かし、様々な先進的な取り組みに力を入れております。

<レトリバについて>

株式会社レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」をミッションとし、数多くのソフトウェアを提供しております。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供しております。
所 在 地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル36階
代 表 者:代表取締役 河原 一哉
資 本 金:12億73百万円(資本準備金含む)
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
担当:営業技術部 市原
E-mail: pr@retrieva.jp