レトリバとanyenvが協業開始
感情解析によるVoCデータ可視化で、顧客満足度向上、事業拡大を実現

2021.12.10 | RELEASES

株式会社レトリバ(本社:東京都新宿区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)はanyenv株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役 八並嶺一、以下anyenv)と協業を開始しました。本協業により、レトリバの分析AI「YOSHINA」に音声からの感情解析を連携させることで、企業の顧客満足度向上、事業拡大の実現を目指します。

Anyenv様業務提携

YOSHINAは、事業拡大のヒントを探す課題発見ツールです。様々なテキストデータから簡単に価値あるデータを抽出できます。自社サービスの改善や新サービスの検討にむけて、顧客の声や社内の声、セールストークなどの分析業務とそのための仕組みづくりをサポートします。

anyenvの提供する「Emovis」は音声から150種類以上のパラメータを読み取り、最大44種類の感情を可視化します。音声波形を解析する特許手法により、性別、言語、発音などに関係なく解析することが可能です。
近年、顧客の声を分析し活用するシステムでは、「お客様のご意見」をテキスト化し改善活動に活かす、という分析手法が主流となっています。

しかし、テキスト化された情報だけでは、不満や怒り、不安といった顧客の感情まで正確に把握することはできません。特に会話においては、出来るだけマイナス表現を避ける傾向にあるため、従来の分析手法では、「わかりました」という一見肯定に見える言葉でも、実は渋々了承しているといった真意をキャッチアップできず、目に見える「クレーム」は少ないにも関わらず顧客満足度が低い、という状況に対応することができませんでした。

顧客の感情を把握し分析することで、「本当に満足しているのか」を可視化することにより、一歩先の顧客課題の解決、満足度向上が見込めます。「音声感情解析」技術を保有するanyenvと、「テキスト解析」技術を保有するレトリバとの業務提携により、テキスト情報だけでは見えない顧客の感情を可視化し、顧客満足度の向上、事業拡大を目指します。
また近年、コロナ禍においてオンラインコミュニケーションが当たり前になり、従来の対面コミュニケーションより相手の感情が把握しづらくなってきています。オンライン上でのミーティングや商談、社内での会議や面談、といった活用も可能となり、企業におけるコミュニケーションの活性化にもつながる未来が創造できます。

■サービスの活用事例
・クレームにはならないが、顧客が不満をもつサービスの可視化
・離脱顧客のウィークポイントの早期発見
・自信がない状態で案内しているトークの発見→トークスクリプトの改善
・成功しやすいセールストークの発見
・不調な従業員の検知

会社情報
【anyenv株式会社について】
anyenvは、「世界とできるを、ひとつなぎ」をテーマに掲げ、テクノロジーの力で企業の可能性を広げるグローバルテックカンパニーです。企画力と開発力を強みに、MVPを最速で開発する 「Flutter開発ソリューション」、音声から44種類の感情を可視化する「感情解析サービス」を提供し、世界中のテクノロジーとエンジニアで、日本のデジタル化を推進します。
コーポレートサイト:https://www.anyenv-inc.com

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「ことばを、知識に。」をビジョンに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル32階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
管理部 広報 市原
E-mail: pr@retrieva.jp