レトリバが新たなビジネス機会創出のためのビジネスマッチング交流会を主催
AIを活用したマーケティング支援企業として地方企業のDX化を支援
〜第一弾は東京✖️鹿児島市で開催今後は様々な地方都市で開催予定〜

2022.2.3 | RELEASES

A IでDX推進を行う株式会社レトリバ(本社:東京都新宿区、代表取締役 河原一哉)は、鹿児島市の後援を受け鹿児島市拠点企業と東京エリア拠点企業のビジネスマッチングを図る交流会を開催致します。

開催の背景
レトリバでは、自然言語処理AIを誰にでも使いやすいかたちで提供し、人にしかできなかった情報の調査、整理、分析の自動化をすることで、人の創造的な仕事の支援や企業の生産性向上に貢献したいと考えています。新たなビジネス機会を創出するサポートを通じて、AIを活用したマーケティング支援を実施してまいります。社会、経済の一員として地域経済の活性化、ひいては日本経済を盛り上げるべく、リアルな人と人との繋がりの場もサポートいたします。
本イベントは、政府が推し進めるデジタル田園都市国家構想に弊社が賛同することに加え、デジタルの力で地方と都市の差を縮めていくことで地方活性化に繋がるという考えのもとに発案いたました。そこで、積極的なデジタル革新や経済活動の更なる活性化に取り組む鹿児島市と第一弾の交流会開催をするに至りました。

イベント概要
◆日時:2022年2月10日(木)15時~17時
◆会場:オンライン(zoom)
◆開催概要
1.鹿児島市からのご挨拶
2.プレゼンタイムスタート(1分間PR・3分質疑応答タイム、全16社実施)
3.結果発表(プレゼンを経てマッチングアンケートを実施し、アポを取り合う企業などの結果発表を実施)
4.締めの言葉(鹿児島市及び株式会社レトリバ代表河原) ◆参加費用:無料 (イベントを通して、ビジネスマッチがなされても仲介手数料等は一切発生しません。)
◆見学申し込み:https://forms.gle/GMvgdmCVA1nrjeLp7
*見学をご希望の企業のご担当者様、行政のご担当者様を積極的に受け付けています。

【参画企業一覧】 ※変動が生じる可能性がございます。
〜鹿児島市〜

1 株式会社鹿児島プロスポーツプロジェクト 部長 東 理香様 プロサッカークラブ運営
2 株式会社 照照 代表取締役 鮫島 礼子様 食品
3 カルスコ株式会社 代表取締役社長 肥後 興太郎様 食品
4 Buddycare株式会社 代表取締役CEO 原田 和寿様 ペットフード
5 鹿児島実業高校サッカー部 チームマネージャー 田中 洋一郎様 高校サッカーチーム運営
6 株式会社クラインベスト 代表取締役 脇野 真梨江様 通訳・翻訳
7 株式会社鹿児島レブナイズ 代表取締役社長 上原 泰寛様 プロバスケットボールチーム運営
8 株式会社GiFFT 代表取締役 出口 顕哉様 ICT関連

 

〜東京エリア〜

1 ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役副社長 林田 敏之様 デジタルマーケティング支援
2 GMOあおぞらネット銀行株式会社 統括チーム長 武馬 賢一様 銀行
3 株式会社みらいワークス コンサルタント 行方 孝治様 人材
4 株式会社ネットショップ支援室 代表取締役 山本 皓一朗様 EC支援
5 株式会社ユニーク 代表取締役 山崎 貴大様 モバイル・PC周辺機器製造販売
6 株式会社トレジャーフット 事業連携責任者 若色 広大様 人材
7 株式会社キーカンパニー 代表取締役 下薗 博康様 人材
8 Givee株式会社 代表取締役 村上 卓斗様 動画・web制作

 

今後の展開について
この交流会は、昨年トライアルで行った実績があり1社1件以上のアポに繋がり、実案件も成立した実績があります。また、事後のアンケート結果では、約70%の企業様に「情報交換していきたい企業と出会えた」とご回答いただけました。
今回のビジネスマッチング交流会の本開催を機に、今後様々な地方都市で開催し、企業のDX化による生産性向上と地方・地域の活性化を目指します。

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「ことばを、知識に。」をビジョンに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル32階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ

管理部 広報 山本
E-mail: pr@retrieva.jp