Retrieve value on the leading edge.

CONTACT

RECRUIT

RECRUIT

レトリバが求める人材像は明確です。
「最先端」「顧客想い」「チーム想い」、
この3つのキーワードと真摯に
向き合いながら、お客さまはもとより、
その先の世の中に価値を提供していくことができる人材を求めています。

CEO MESSAGE

レトリバのメンバーで
あるための絶対条件。
それは、すべてのメンバーを、
心の底からリスペクト
できることです。

CEO 河原一哉

我々は、「最先端」「顧客想い」「チーム想い」の3つを理念に掲げています。中でも、「チーム想い」は、会社が組織として大きく成長していくために必要な要素です。会社は、所属しているすべての人が持つそれぞれの強みを最大限に発揮することで成長し続けます。その強みを発揮するためには、本人の努力は当然のことながら、周りの環境や働く人どうしの信頼関係も重要です。
お互いの状況をしっかり共有する。誰かが壁にぶつかった時はフォローし合う。そういったチーム想いの行動を率先してできるか否かで、お客さまのもとへお届けするアウトプットの質も決まります。
レトリバは、お客さまの本質的な課題解決のために、最先端の技術に挑戦しながら、着実に価値を築き上げていく会社です。今後さらに加速度的に成長するためには、会社の原動力である、フロント業務の営業、新たなアプローチを探るリサーチャー、内部で開発を進めるエンジニア、屋台骨となり支えてくれるバックオフィス、すべての社員が、お互いをリスペクトし合い、それぞれの能力が最大限に発揮されることが絶対条件です。そして、それがメンバーの働きやすさにもつながっていくと信じています。
スキルはあって当たり前。でも、スキルだけはダメ。欲しいのは、実際に仕事で担当する領域でのコアな能力と、相手のことを思いやれる人間としての能力です。その両方を持ち合わせ、お客様の課題解決にコミットしたい方、私たちと一緒に働きたいと思ってくれた方、そういう方々がこのチームに加わってくれることを心から願っています。

OCCUPATION

部門が違えば、求められる
キャラクターも違う。
お互いにリスペクトがある
からこそ垣根を超えられ、
着実な進歩を生む
原動力となる。

SALES

貪欲なまでのチャレンジ精神と
飽くなき専門性の深化で
メンバーの個性が光るチームへ。

営業技術部 部長 舛岡英人

営業技術部は、「売上の達成」、「効率的な製品の導入」、「パートナーの利益の最大化」という使命を胸に、さまざまなキャラクターを持った人たちが活躍しています。今後もメンバーの個性が活かせるような環境を整えていくつもりです。さらに、コールセンターの知識や、製品に含まれたテクニカルな要素などについても積極的に学んで専門性を深めていきたいです。そうすることで、好奇心がふくらみ、お客さまに対しても深みのあるセールスができるからです。いずれは自分たちで企画をした製品もつくってみたいです。当社を志望するみなさんも是非新しいことにチャレンジしてください。「自分がNo.1だ」と胸を張って言える“何か”を見つけて、それを増やしてほしいですね。

現在のメンバー

製品の正当な価値を
理解してもらうために
多種多様なメンバーが集う。

お客さまとお打ち合わせをさせていただきながら、製品のご提案や技術的なアドバイスなど課題解決のお手伝いをするのが営業技術部の仕事です。チームのメンバーは多種多様です。シャイな人もいれば、快活な人もいます。寡黙に仕事をする人もいれば、強い推進力でプロジェクトを引っ張る人もいます。しかし、全員が共通認識として胸に秘めていることは、リサーチ部門と開発部門が必死の想いで作り上げた製品を、きちんと売って正当な価値をつけるということです。その使命を果たすために、メンバーそれぞれが自分の個性を大切にしながら、お客さまのために日々業務に取り組んでいます。

求める人材

チームとしての機能を遵守しながら、
技術好きな人を
リスペクトできるか否か。

営業技術部はチームとして動くことがほとんどなので「協調性」が問われます。例えば、誰かが困っている時には全員でフォローし合う。個人の成績だけではなく、チームとしての売上を意識できる人が理想です。そして何よりも、技術好きな人に対してリスペクトできるかどうか。「俺が売ってやるんだから作れ!」というような意識ではなく、「素晴らしいものを作ってくれてありがとう」と思えるかどうかが営業技術部の最低条件といってもいいでしょう。最後まで丁寧に仕事ができる人、学習意欲の高い人、ひとつのことにのめり込める人なども求めたいですね。