2019-01-31

テキスト化した通話内容をリアルタイム要約するAIソリューション「Talk Summarizer Ver1.0.0」をリリース


株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 河原一哉)は、テキスト化した通話内容をリアルタイム要約するAIソリューション「Talk Summarizer Ver1.0.0」を本日リリース致しました。

オペレーターとお客様の通話を音声認識でテキスト化しただけでは、実際の業務に活用することは現実的には出来ません。

コールセンター後処理(ACW ; After Call Work)やVoC分析の可視化、モニタリングなど、どのような業務に活用するかによっても、要約が欲しいタイミングや要約内容が異なります。
「Talk Summarizer」は活用したい業務に合わせ、該当する業務に必要となる情報を自動的に抽出し、即時に対話の要約文としてまとめ上げることが可能です。
また、単体の要約エンジンとしてだけでなく、弊社オペレーター支援ソリューション「Talk Coordinator」と繋がり、音声認識エンジンと連携します。
応対履歴の自動作成によるコールセンター後処理(ACW ; After Call Work)効率化に寄与し、精度の高いVoC分析を可能とします。

■Talk Summarizer 1.0.0の特徴

①少量の収集データでも導入することが可能

②視覚的にチューニングをすることができ、ワンクリックで操作可能
要約に含まれている文章は黄色にハイライトされます。上限文字数、要約文字数、オペレータ、カスタマーの発話割合、 1文あたりの最低文字数を、即時に変更することが可能です。
Talk Summarizer: 文章ハイライトのイメージ図
ブーストワード・ストップワードの追加もワンクリックで出来ます。
Talk Summarizer: ワード追加のイメージ図

③周辺システムとの柔軟な連携
弊社オペレーター支援ソリューション「Talk Coordinator」と繋がり、音声認識エンジンとのスムーズな連携が可能です。
自動で生成された要約文を、各種業務システムと連携させることにより、VoCの本質的な活用を実現することが可能となります。

会社情報

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」をミッションとし、数多くのソフトウェアを提供しております。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供しております。
所 在 地:東京都千代田区富士見 1-12-1 Q-DAN 1991ビル 4階
代 表 者:代表取締役 河原 一哉
資 本 金:84,995,040円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
担当: 営業技術部 市原
E-mail: pr@retrieva.jp