2020-11-18

開催終了:【Webinar開催のお知らせ】トラムシステム×レトリバ共催セミナー 「通勤時間0分と対話テキスト活用で投資対効果を最大化させる クラウドコンタクトセンター運営セミナー」


株式会社レトリバは、11月26日13:00~14:00にウェビナー「通勤時間0分と対話テキスト活用で投資対効果を最大化させるクラウドコンタクトセンター運営セミナー」をトラムシステム株式会社と共同開催いたします。

セミナー参加をご希望の方は、下記URLよりお申込みをお願いいたします。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/6016050572190/WN_3ebTKJQSSdKxA1Gy_1AW8g

開催概要
◆テーマ:通勤時間0分と対話テキスト活用で投資対効果を最大化させるクラウドコンタクトセンター運営セミナー
◆日時:2020年11月26日(木) 13:00~14:00
◆形式:無料Webセミナー(開催前日までに、Zoom URLをお送りいたします)
◆利用ツール:Zoom(Zoomダウンロードしなくても、ブラウザよりご参加できます)
◆セッション
(1)トラムシステムセッション
【登壇者】
トラムシステム株式会社  
【講演タイトル】
ACCSを用いたコンタクトセンターシステムでの業務効率化
【講演内容】
本日のウェビナーを通じてクラウド型のコンタクトセンターシステムとして
今どんなことが出来るのか、何が出来るのかを知っていただく機会にしたいと思っております。
更に、そこで叶えられる業務効率化についてのご説明をさせて頂ければと思います。

※トラムシステムセッションの登壇者について、株式会社トラムシステムの杉原大護と告知しておりましたが、同社 鈴木康人へ変更になりました。講演のタイトルや内容については変更ありません。

Sq

(2)レトリバセッション
【登壇者】
株式会社レトリバ 製品企画部 プロジェクトマネージャー 山川 訓司
【講演タイトル】
対話テキスト活用のすゝめ~音声認識システムの投資対効果の示し方
【講演内容】
コンタクトセンターにおいて対話テキストの活用が有効であることはすでに知られています。
そのためには、音声認識システムの導入が必須になりますが、音声認識システム単体で投資対効果を示すことは容易ではなく、対話がテキスト化された後の「活用」が重要になります。
対話テキストの活用に至るまでのプロセスと見込まれる効果について事例を交えてご紹介します。

Satoshi Yamakawa 03 Sq (1)