2020-09-15

レトリバの分析AI「YOSHINA」 あいおいニッセイ同和損害保険が導入
お客さまの声の活用を促進し、さらなる業務品質向上に向けた取組みに貢献


株式会社レトリバ(本社:東京都新宿区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)は、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉恭三、以下:あいおいニッセイ同和損保)のお客さまからの声の分類・分析を共同で進めて来ましたが、このたび分析AI「YOSHINA」が導入され、業界で初めて全社品質向上に向けた活用を開始されることをお知らせします。

YOSHINAの活用により、コンタクトセンター部門に入電のあった年間100万件におよぶお客さまの声をカテゴリ別に自動で分類・仕分けすることを可能にし、今まで以上に効率的かつ効果的に分析を行うことでさらなる業務品質向上に向けた取組みに貢献します。

あいおいニッセイ同和損保のコンタクトセンター部門では、お客さまから年間100万件におよぶお問合せがあります。
従来より、寄せられたお客さまからの声(以下、VOC=Voice Of Customer)を音声認識システムなどでテキストデータ化し、業務品質向上に活用されていましたが、人の手によるヒヤリングや目検による確認作業など膨大な業務量が発生するため、効率的な運営ができずVOCの更なる活用に課題がありました。
こうした課題を解決し、お客さま満足度向上に繋がる取組みをより強化していくために、効率的な分析を可能とするYOSHINAの導入に至りました。

本年7月、YOSHINAを導入したことで、音声認識システムによりテキスト化されたVOCデータを自動で分類・仕分けすることが可能となり、VOCの更なる有効活用が可能となりました。YOSHINAの運用を開始したことにより、コンタクトセンター部門に入電のあったVOCデータを他部門にタイムリーに連携することができるようになります。

今後、VOC分析を効率的に行うことで、パンフレットなどのツールについてお客さまにとってより分かり易くするといった改善や、募集時におけるお客さまへのより適切な説明方法の追求といった募集品質の改善など、VOCをベースとしたお客さま満足度向上につながる改善取組を加速する体制を構築することが可能となります。(下図)

■分析AI「YOSHINA」の運用イメージ

あいおいニッセイさんプレスリリース図

レトリバは、『YOSHINA』を通じてお客さまの声の活用を促進することで、金融機関をはじめ、様々な企業の業務の高度化・効率化を支援していきます。

■分析AI「YOSHINA」概要
日々の業務が忙しい方でも、すぐに顧客の声などの分析をはじめられるテキスト解析ツールです。テキストデータをアップロードするだけで、迷わず簡単に価値あるデータを抽出できます。
価格: 年間契約プラン 月/30万円~、初期費用0円
オプション機能:オンプレミス、音声データ対応、分析支援
1ヶ月お試しプランを用意しています。お気軽にお問い合わせください。
https://yoshina.retrieva.jp/

会社情報
【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「AI技術でコトバの森を活用し、企業の生産性向上に貢献する」をミッションに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。

所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル36階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
製品企画部 広報 市原
E-mail: pr@retrieva.jp