2021-11-17

分析AI「YOSHINA」、AIによる自動サマリレポート生成機能を搭載
AIオススメ分割機能を搭載し、更に簡単に分析結果が得られる分析ツールに


株式会社レトリバ(本社:東京都新宿区、代表取締役 河原一哉、以下レトリバ)は、分析AI「YOSHINA」にサマリレポート機能を搭載し、11月18日より提供開始します。

YOSHINAは、事業拡大のヒントを探す課題発見ツールです。様々なテキストデータから迷わず簡単に価値あるデータを抽出できます。

このたび新たに、サマリレポート機能を搭載しました。YOSHINAにテキストデータをアップロードするだけで、どのような話題があるか、話題ごとの特に注目すべき顧客の声を自動で抽出します。これまでよりも簡単に分析結果をレポートすることができるようになりました。
分析担当者が分析結果を社内外へ報告する際、このサマリレポートを活用することができます。レポート画面にコメントを追記することも可能になり、分析担当者の見解も併せて報告することができるようになりました。

さらに、YOSHINAにカテゴリの分割数をおまかせできる「オススメ分割」機能を追加しました。従来の手法では、人が分割数を指定する必要がありましたが、「オススメ分割」機能により、データに応じた自動的な分割数設定が可能となり、設定にかかる人的工数や、分析リテラシーの必要性の負担が軽減され、分析未経験者にもより使いやすくなりました。

また、分割された話題ごとの内容を可視化する話題可視化機能を大幅アップデートしました。分析を進めていく中で重要となる、「出現頻度の高い内容」「注目すべき内容」のどちらもキャッチアップできる画面となりました。話題を把握し、内容を深堀し、施策を検討する、といった一連の分析の流れがわかりやすくなることで、分析から施策改善までを効率化し、人では簡単に見つけられない気付きを得ることに貢献します。

■YOSHINAの新機能 
1. サマリレポートの自動生成・出力機能
2. 自動的に話題を分割する「オススメ分割」機能
3. 話題ごとの内容を可視化~詳細把握できる話題可視化機能の大幅アップデート
4. 話題ごとに特徴的な属性を発見できる属性集計機能
5. 属性ごとに話題の違いを比較できる話題比較機能
6. 辞書候補抽出機能、分析結果から簡単に辞書登録できるUI
7. 教師あり学習手法での複数分類機能

■サマリレポート画面サンプル
Yoshinav4リリース1756

レトリバは、YOSHINAを通じて顧客の声の活用を促進することで、企業の生産性向上に寄与します。

■分析AI「YOSHINA」概要
事業拡大のヒントを探す課題発見ツールです。様々なテキストデータから簡単に価値あるデータを抽出できます。自社サービスの改善や新サービスの検討にむけて、顧客の声や社内の声、セールストークなどの分析業務とそのための仕組みづくりをサポートします。
価格:ライトプラン月/15万円~、スタンダードプラン月/30万円~、初期費用0円
オプション機能:音声テキスト化、分析支援、オンプレミス(検証用PC貸与)
お気軽にお問い合わせください。
https://yoshina.retrieva.jp/

会社情報
【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「ことばを、知識に。」をビジョンに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル32階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト:https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
管理部 広報 市原
E-mail: pr@retrieva.jp